Just Time Report

ネット上に上がるニュースを分析し、それにコメントを加えて配信します。

 先月31日の中国空軍機によるスクランブル発進の対象になった航空機は、「日本の戦闘機だった」とするコメントが中国の軍事研究者の発言として香港紙が伝えている。この中国の軍事研究者というのは、中国軍事科学学会の羅援副秘書長で、中国軍の少将でもあった軍事関係者である。
 しかしながら、このコメントには「日本の戦闘機だった」とするだけで、その機種などは明らかにしていない。

 この羅援副秘書長のコメントは、筆者としてはにわかに信じがたいのである。というのは、その日本の戦闘機はどんな目的でその空域を飛行していたのかということがある。つまり、この空域は自衛隊のレーダーの監視範囲であり、通常、日本の航空自衛隊が監視目的で飛行する空域ではないと考えるのである。もちろん、日本の防空識別圏内であるわけだから、航空自衛隊の監視範囲ではある。
 そして、この空域は日本と中国との間である種の緊張関係を生成している地域であり、航空自衛隊の戦闘機がそれを刺激するのは無意味なことであると考えるからである。

 だとすると、この羅氏の発言の目的は他にあったのではないかと筆者は推測するのだが、それがどんな目的であるのかを知ることはできない。とは言え、この羅氏の発言は、筆者の私見では「中国国内、中国国民に向けた発言であった」と考えるのである。

 なぜかと言えば、羅氏のコメントに対する検証は日本の政府や自衛隊では詳細に把握できているのであって、羅氏がこの時期に、このコメントをメディアに語る意味がどこにあるのかと想像すれば、明らかに「中国国内向け」であるとしか考えられないからである。

 しかしながら、この羅氏のコメントが中国の一般国民にどれほどの信ぴょう性を持って受け入れられるかは、疑問であるとしか言いようがない。
(<a href="http://sankei.jp.msn.com/world/news/140202/chn14020215140003-n1.htm" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">この記事を参照のこと</span></a> )

 あいも変わらず韓国の政治家が、国際社会の常識から観ても理解に苦しむ行いを繰り返している。そればかりか、「意味不明の発言」を繰り返している。「日本政府は、『国際社会から厳重な叱責と批判を受ける』であろう」などと、まさに国際感覚の観点に立てば「狂気」としか言いようのない発言をくりかえしているのである。

 そもそものこの知事の認識の齟齬は、間違った資料、捏造された歴史観に根差した「蒙昧」であることであることすら認識がないのである。
 韓国の知識水準、教育水準を問題にする気はないが、あまりにも、この知事のような理解に苦しむ発言が韓国の政治家から続くようなので、どうしても韓国人の知的水準を疑いたくなる、というものだ。

 そもそも、「竹島」は、日本の固有で領土であることは国際社会の明確な確認事項であるのだが、それを理解しようとしない営為の繰り返しは、蒙昧としか言いようがないではないか。

「竹島」は、戦前から日本人が生活し、島根県の漁民が漁をしていたのであるが、それを戦後の混乱に乗じて、時の韓国大統領である李承晩が、独断的に「李承晩ライン」と称される国境線を定め、それをさも国際的に認知された国境線であるかのように主張しているのである。まさに、これを「蒙昧」と言わずして、何を「蒙昧」とするのか。

 そればかりか、日本が「国際司法裁判所に提訴」しようとすれば、それに応じることもせず、ことあるごとに「竹島は、韓国の領土である」と繰り返し韓国の政治家が発言するしているのだ。

 この知事の発言にどんな他意がああるのかを考えることは意味がないのであるが、この発言には何ともその真意が見えてこない。つまり、日本人にその真意が伝わらなければ、この行為そのものが無為であると言うしかない。
(<a href="http://sankei.jp.msn.com/world/news/140129/kor14012913070001-n1.htm" target="_blank"><span style="color:#FF0000;">この記事を参照のこと</span></a>)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140129/kor14012913070001-n1.htm 

このページのトップヘ